姓名判断、研究された平成の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。深夜の鑑定も可能です。

九星気学(法象学)奇門遁甲は
(運勢向上の学問です)

最大吉方位を活用して移転、旅行してください

吉方位の活用は改名に相乗効果をあたえ運勢の向上します。

九星気学(法象学)奇門遁甲、姓名判断は(運勢向上の学問です)

吉方位の活用ときもんとんこう 奇門遁甲 (開運の方位学です) この吉方位の活用は正式には法象学と呼び、自然界を司るには木・火・土・金・水の五要素が 必要とされており、『五行占い』という占いにも使われてい ます、吉方位の使用とは五行の哲理を元 にして、いつ、どこで、何をすればよいのか?を導く運勢向上の方法です,その歴史は古く、紀元600年代に中国から日本へ伝えられました、占いに お いて広い意味を持つ 『気学』の原書でもあり、『日本書記』にも記されています。


それが 歴史と共に改良され今日に至っています。 中国の「太公望」や「張子房」を経て三国志で 有名な天才軍師「諸葛孔明」に伝わり、今日に至っています。孔明が戦略・計略と して実 戦に利用したのは有名な話です、この奇門遁甲は複雑で難解な代物で、しかも書物ではなく口伝で伝えられてきま したが、何代かの継承があ り書物となって今日に至りました。 以上の様な歴史を持つ吉方位の活用や奇門遁甲は人生に勝つための開運方法です、実施にあたっ ては生年月日から最大の吉方位を探し出し、水や砂の採 取をして『気』を体内に貯 める方法を用います、地球の磁場を利用して行いますので下記 のような目的それぞれに合った方法を使って開運に導くものです。



一般的な実施方法

この方法は当方で指定した日時に指定した方位の最低4キロ以上離れた神社から水や砂を 採取する方法です。


水の採取

温泉地に着いたら、温泉地での飲めるの湯(水道水は不可)をコップ半分程飲みます。、さらに魔法瓶などの日光のあたらない容器に水を入れ、密封せずに持ち帰ります 持ち帰 った水は飲用分として冷暗所(冷蔵庫は不可)に保存しておき、二日間朝晩飲みます、残りの水は家の周りに撒いたり必要に応じて使用します。水は飲用可 能なものとします。


砂の採取

海、山などに出かけた場合 砂(土)の採取は人が踏み固めたようなところは避けて、できるだけ表面の砂を取り除 いて内部の砂を洗面器に半分程採 取し、密封せずに持ち帰ります。持ち帰った砂は少量の 塩を混ぜ、15~20日に一度の割合で家(目的物)の周りに撒きます。寝室に置いたり、 少量を持ち歩い ても有効です。残りの砂は冷暗所(冷蔵庫は不可)に保存しておいて下さ い。 なお、続けて祐気法を実施される時は少量で構いませんが、悪い方位へ移転したと きに 実施する吉方位の活用には多量の砂が必要になります。 目的によってはできるだけ継続するのが望ましい でしょう。 ◇必ず指定の日時に自宅を出発して下さい、当然のことですが目的地まで直線的に進むことはできませんので、最終目的地が指定の 範囲内(方位)であれば良 いとします。


砂の採集の実施出来ない時 (土を掘り起こしてはいけません)

土用の入り(どようのいり)

土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節で1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつです。

以下の場合、土を採取する祐気取りの実施はできません、暦を見て自分で実施する場合はご注意下さい。

 

春、夏、秋、冬、の各、土用の入りから

 

 ・立夏までの【南東】

 

 ・立秋までの【南西】

 

 ・立冬までの【北西】

 

 ・立春までの【北東】



2016年の土用

冬土用:1月18日~2月3日

春土用:4月16日~5月4日

夏土用:7月19日~8月6日

秋土用:10月20日~11月6日



土用の間日(まび)の日がありこの時は、土公神が天上に行くとされ、地上にいなくなる間日(まび)あり、この日は作業をしてもいいとされています。

冬土用の間日-2016年は1月21日・22日・24日・2月2日・3日

春土用の間日-2016年は4月17日・18日・21日・29日・30日、5月3日

夏土用の間日-2016年は7月20日・21日・25日、8月1日・2日・6日

秋土用の間日-2016年は10月20日・28日・30日、11月1日



姓名判断と方位・家相の関係とは(重要)方位学の歴史は古く、吉方位の移転、旅行では今までの確認で運勢向上の作用が大きく良い方向に出てきます

それぞれの方角で結果現象も違います

姓名判断は明治初期から現代まで大きく変化し、研究をして命名、改名の良い結果を出すことが出来 画数配列により何故良い結果になるのかも理解できます

良い名前と吉方位の活用がとても大切です。
(九星気学がもとになっている家相も重要です)


        

社名、屋号も年代別で命名、改名します
(吉方位の活用は運勢向上の相乗効果を出します)

表面の画数の吉凶だけでなく初年期・中年期・晩年期、年代順に細分化して判断 します。 強く作用する同格を見極め、五行を見つめ直し言霊・名前の持つ相性等を考慮し判断していきます他ではできない姓名判断です。

当姓名学は多くの社会人や主婦の方から企業や芸能関係の方のなど多方面での人々の命名、改名依頼をうけ結果を素早く出せる命名法を使用しています。


一般部門では、体力や健康、病気の問題、鬱、恋愛、結婚、金銭の問題、(安定を望む方・飛躍を望む方)など希望がある場合も、持って生まれた 運勢と周囲の方々の影響度を確認し改名、命名をいたしております


源氏名・芸名では芸能関係等での飛躍や安定、より優れた才能の引き出しを考え結果を出せる姓名判断として現在に至っております。




改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。深夜の鑑定も可能です。