姓名判断、研究された平成の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。

戸籍からの改名手続きについて

戸籍からの改名手続きについて

1.名前の改名するには「正当な事項」と「家庭裁判所の許可」が必要

戸籍法にて、正当な事項によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届 け出ねばならない。と規定されています。


2.正当な事項とは

永年通称名として使用した場合。


書きづらく読みづらい場合(奇名、珍名を含む)


いじめや差別を助長する場合。


同姓同名に犯罪者や被疑者がいて、差別や誹謗中傷の被害を被る場合。


女性でありながら男性と間違われたり、又はその逆の場合。


神官や出家して僧侶になった場合


結婚などで家族に同姓同名になった場合。


伝統芸能や商売上で襲名した場合。


出生時の間違いを正すため。


精神的苦痛を伴う場合などの例が挙げられます。


3.どこへ申請するの?

家庭裁判所に申請し、許可が出れば変更することができます。ただし、上記の「正当な事項」が家庭裁判所で、許可されなければ改名は受け入れてもらえません。


4.必要な物は?

名の変更許可申立書申立人の戸籍謄本 1通収入印紙800円分(申立書に貼る。)郵便切手(80円切手数枚程度)


名を変更する「正当な事由」があることを証明できるような資料、認印、身分証明書



性同一障害が理由の場合は医師の診断書も必要となります。



「名を変更する「正当な事項」があることを証明できるような資料」とは、通称を長年使い続けていることを証明する書類などです。 3~5年程度の使用実績が求めらるとのことで、消印付きの手紙や診察券、会員証、公共料金の請求書などのことだそうです。


5.年齢の制限はあるの?

15歳以上になると自分の意志で申し立てることができます。


15歳未満の場合、親権者などの法定代理人が本人に変わって申し立てを行います。


6.手続きの流れ

家庭裁判所へ必要書類を提出します。


面談により申し立てが許可もしくは却下されます。(却下の場合はそれまで、です。)


申し立てが受理されれば、約1カ月以内に家庭裁判所から呼び出しがあります。


審判にて「正当な事項」であると認められれば改名の許可が出ます。「申し立ての名を変更することを許可する」旨の証明書(許可証)を発行してもらえます。


自治体窓口へ許可証と、「名の変更届」を提出します。


このように、改名するためには「正当な事項」と「改名したい名の数年の使用実績」が必要で、「家庭裁判所から改名の事由が正当であると判断してもらう」ことが必要となります。 (尚、姓名・氏名の「姓(氏)」の変更は、名の変更以上に条件が厳しいとのことです。)


画数と画数の配列が悪く同格同数が名前に存在すると幸せな人生に恵まれません

姓名判断での画数が持つ特徴や傾向を簡単に確認できます詳しくは トップページトップページ無料姓名判断にて貴方の画数が持つ特徴や傾向をご覧ください



画数の持つ「良い部分」と「悪い部分」を調べる

姓名判断は五格の運格画数だけで、判断すると大きな間違いになります。


画数の意味のとらえ方
56画から81画までの間違いは

天格の画数 人格の画数 地格の画数 外画の画数 総画 社会運 家庭運の意味


改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。