九星気学(法象学)による運勢判断法

気学と生活のリズム



東洋の自然観を基盤に、古代中国で独自の思想哲学として 研究された「九星学(気学)」人は生まれながらにして九星を自分の星として持ち、その九星が移動する位置によって毎年、毎月の運勢 と

願いが叶う吉方位を知る事ができます。


別ページで紹介した「運命周期表」は、姓名によって人生の変動を判断しよ うとするのに対し、気学では誕生年月日によって運勢のリズムを探ります。


気学からは、移転、結婚、病気治療、旅行開業 などに適した方位と時期を知る事もできます。


  • 九星気学の吉方位の移転で実現させる目標と幸せの活用例

    引っ越し、移転の時は必ず吉方位を使用する

    仕事で良い成果や運気向上させるときに吉方位を活用する

    開業する場合は必ず吉方位にて物件を探す

    恋愛問題に関しての場合は吉方位の活用し願いを叶える

    金運向上の場合吉方位にて運勢を高める

    対人関係の改善の問題を吉方位の活用で良くする

    病気を治す為に吉方位の活用をする

    受験の場合は吉方位にある学校を選ぶ

    それぞれ、自身の願いが吉方位の活用で改善されます是非活用されてください問題を改善する為に 吉方位を利用して旅行に行ったり、引っ越しの場合も必ず吉方位での移転が重要です、知らず知らずに凶方位に 移転した場合とても危険な結果になりますので

    当サイトお問合せから方位鑑定をお申し込みください。


    九星気学(法象学)吉方位の移転、旅行での注意点

    この吉方位の活用は正式には神水気法と呼び、自然界を司るには木・火・土・金・水の五要素が必要とされており、『五行占い』という占いにも使われています。

    吉方位の活用とは五行の哲理を元にして「いつ、どこで、何をすればよいのか?を導く開運の方法です。その歴史は古く、紀元600年代に中国から日本へ伝えられました、占いにおいて広い意味を持つ『気学』の原書でもあり、『日本書記』にも記されています。それが歴史と共に改良され今日に至っています。
  •  吉方位活用の注意点事項はこちら  家相とは

    姓名には方位学と同じ東西南北が存在します、人格の画数は東の位置を意味し 外格はの画数は西の位置を意味し北東は鬼門とも言われる家庭運の画数を意味 します、また裏鬼門と言われる南西は社会運の画数と同じです。



    姓名判断と九星気学の表

    姓名判断で姓の画数は南を意味し名前の画数は北を意味します、それぞれが自然の摂理に 影響され風水や家相なども同じですが名前をとても深い関わりがあるのです 例えば人格の東と外格の西が同じ数になると大変です。



    太陽が東から昇り西に移動し夜になります、それが東と西で同じ画数になると 24時間体の中に太陽存在しているかの様な現象が起こります、これを 姓名判断での横同格現象と言います強いパワーにも恵まれますがその 代償も大きいと考えられてください、また北東と南西が同じ画数になると 鬼門と裏鬼門が接続され強いパワーの影響も受けますが通常の人では 体や精神的な分が破壊されます。

     詳細はこちら姓名判断で知る同格同数




    姓名判断と方位の関連、東西南北の位置に意味があります。
    (南西・北東・北西・東南)

    九星気学の方位の意味の表

    姓名判断と方位の意味

    【東南】 事業運、結婚運


    【南 】名誉運



    【西南】 結婚運、勤め運、妻運、 親戚・友人運


    【東】 発展運



    【西】 金銭運、結婚運、遊びづき


    【東北】 財運、子供運、兄弟運


    【北】 交際運、部下運


    【西北】 事業運、夫運