姓名判断、研究された平成の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。深夜の鑑定も可能です。

姓名判断の五格と四運を解説

五格とは、天格,人格,地格,外格,総格の事です。

四運とは、家庭運,社会運(援助運)内運A,内運B

姓名判断の五格の説明、天格、人格、地格、外格、(総格 総画)合計画数

五格とは姓名の画数によって導き出される人生における運命を表します

天格、人格、地格、外格、総格の5つの「格」によって表され、それぞれの格を知ることで、貴方の人生における運命を知ることができます。従来の姓名学にも用いられている名称です。



【天格】
家に課せられた運命を暗示する 姓は、先祖代々受け継がれてきたものです。姓の文字の画数を合計した「天格」には、それぞれの家の家風や伝統、信用や財産を守り伝えていこうとする力が秘められています。 人はこの世に生まれて、ゼロからその人生をスタートするわけではありません。先祖代々受け継がれてきた姓に課せられた運命の支配を受けながら、新しい名をつけられた個人としての運勢を確立していくのです。 天格は、人の一生を通じて影響を与えます。特に、この世に生まれてきたばかりの人生最初の時期と、56歳以降の晩年の運勢に強く働きかけます。つまり、人は、人生の最初と最後に天格に強く支配されるという、不思議なめぐり合わせを持っているのです。 天格は、その家に課せられた運命や職業、その人の晩年の運勢を知る手がかりになります。



【人格】
意志や性格など内面的熟成度に影響 「人格」は、意志や決断力、状況判断力、行動力、感受性、度量など、その人の人格を形成する行動力や精神性に影響を与え、その人の本質を表しています。姓名を構成している運格の中央に位置し、姓名判断をするうえで重要な役割を果たしています。 人格は本来、数え年36歳から55歳までの中年期の運勢に強く影響を与えますが、その人の内面や健康面において何かにつけてかかわり、一生を通じて働きかける力を持っています。この人格を構成する文字の画数が良くないと、子どものころから慢性的に病弱だったり、何かにつけて気苦労が絶えなかったり、挫折を繰り返すなど、実り少ない人生を送る可能性が高くなります。



【地格】
幼年期の運勢に働きかける 生まれてからつけられた名の画数を合計した「地格」は、生まれてから数え年35歳までの幼・青年期の運勢を知るのに重要な部分です。また、人生の後半にかけても、親と子の関係に深くかかわってくるので、一生を通じて影響を与えることもあります。 地格からは、生まれたときの環境や健康状態、経済状況、親と子の関係や精神の安定度合いを知ることができます。地格の画数の特徴がマイナスに働くと、幼少のころに病弱だったり、親との死別や生き別れを経験したり、家族の縁が薄い傾向があります。



【外格】
対人運や社会運に影響を及ぼす 「外格」は、外からみたその人の印象や外貌を表します。家庭の安定具合、その人を取り巻く世間とのつながりや社会的信用、対人関係、病気を占うのに必要な格です。 外格の画数の特徴によって、家庭運がよく、人からも好意を持たれ、周囲からの援助や社会的信用を得られるといった運に恵まれるのか、あるいはとっつきにくい印象を与えたり、家庭内での不和に悩んだり、職場での人間関係に問題を抱えるといった不運に見舞われるのかがみてとれます。配偶者との縁から職場での人間関係まで、社会運全般に影響を及ぼすのが外格です。



【総格(合計画数)】
人生の変動年を予測する すべての文字の画数を合計した「総格」は、その人の人生全般にわたって影響力を持ちます。その人の性格や健康状態、職業の適否など、その人の一生を通じた幸・不幸に作用し、将来の運勢を占うのに重要な役割を果たします。 また、総格の画数からは、その人の人生に訪れる大きな変動の年を予測することができます。画数の特徴が、就職や結婚、昇進など人生における躍進の年を暗示したり、あるいは病気や離婚、親しい人との別離や死別などの試練の年を暗示します。 このように、総格をみれば、その人の生まれ持った性格や才能、どのような人生を送るかおおよそ予測することができます。



姓名判断の五格の解説図

姓名判断の四運とは、家庭運、社会運(援助運)、内運A、 内運B

四運とは従来の「五格」からさらに導き出される貴方の運勢になります。

従来の姓名判断では、これまでに説明した五つの格で鑑定を行っていましたが、これだけでは判断材料として十分ではありません。ここでは、新たに導き出された「四つの運」を合わせた鑑定方法を紹介します。 四つの運には、社会運、家庭運、内運A、内運Bがあります。



社会運──姓の画数と、名の最後の一文字を除いた画数を合計したもの


家庭運──名の画数と、姓の最初の一文字を除いた画数を合計したもの


内運A──姓の最初の文字と、名の最初の文字の画数を合計したもの


【家庭運】
家庭や身内の人間関係を占う 社会運がその人の対外的な運勢に作用するのに対し、「家庭運」は、その人の家庭に対する誠実さや、内面的な悩みや苦労の有無に影響します。 家族を大切にし、円満な家庭を築くことができるかは、家庭運の良し悪しでみることができます。家庭運の画数の特徴によっては、留守がちで夜遅くまで帰ってこない、家の中にいさかいが絶えない、家出や離婚に至るといった傾向があります。 会社経営者や事業主の場合は、従業員や部下との関係性を知る手がかりになります。支えてくれる多くの従業員や部下がいるのか、あるいは裏切りられたり、孤立無援になるといった苦労に直面するのか、家族運の良し悪しから判断できます。



【社会運】
運勢に影響する対人関係を占う 社会生活において、どんな人と縁があり、その人の人生にどう影響を与えていくのかをみるのが「社会運」です。 社会運の画数が良ければ、目上の人との交流が多く、仕事でも先輩や経験豊かな成功者との付き合いが多いでしょう。逆に、画数がそれほど良くなければ、年下の人との交流が多くなります。年下の人から慕われたり、仕事上でも後輩の面倒をよくみることになります。 また、後述する内面法では、社会運は表面的な交際関係だけでなく、人との出会いがその人の人生をどのように後押しするかを知る重要な要素になります。社会運がプラスに働けば、目上の人からの援助や引き立てがあり、社会的な信用が増したり事業家として成功するなど、社会的地位や名誉、収入の面でその人の人生を力強くバックアップする出会いを導きます。 逆に、社会運がマイナスに作用すれば、目的達成への道が閉ざされたり、いつまでも日の目を見ない下積み生活に終始したり、病気や災難に悩まされることになります。



【内運A】
壮・晩年期の心の満足度を占う 数え年36歳以降の壮・晩年期における内面の満足度や心の充実度を示しているのが「内運A」です。人からは幸せそうに見える人が、心から幸福を感じているのか、あるいは寂しさや不満を内に秘めているのかを画数によって判断します。他の運格の作用に対し、補足的な判断材料としても有効です。



【内運B】
幼・青年期の心の満足度を占う 生まれてから数え年35歳までの幼・青年期における内面の満足度や心の充実度を示しているのが「内運B」です。同じく幼・青年期の運勢に働きかける地格やその他の運格の作用に対し、自分の生活や仕事、運勢に本当に満足しているのかを知る判断材料になります。



姓名判断の四運の解説図


他の姓名判断との違い-姓名判断は五格と運格の画数だけで判断してはいけません

画数の持つ意味「良い部分」と「悪い部分」を調べる

姓名判断は五格の運格画数だけで、判断すると大きな間違いになります。


画数の意味のとらえ方
56画から81画までの間違いは

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。深夜の鑑定も可能です。