姓名判断、研究された平成の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。

姓名判断の根拠

吉元鑑織の画数の定理

デュードニー の 正三角形でしる4画の出現

ボヤイ・ゲルウィーンの定理での立証

姓名判断、吉元鑑織の画数の定理

下記の文章また図形は著作権法によりまもられています。この定理は姓名判断で初めての世の中に公表しました。

姓名判断には学問的な根拠があります。


人は数字と深い関連があり姓名判断も数字の意味を画数としています。
例えば、金銭の場合、1円が積み重なり10億100億1000億一兆円となり。
数字も金銭も無限大です姓名判断の場合は漢字の画数で、それぞれの運格がの数が出てきます。
海外の姓名判断でも同じくアルファベットには画数があります。


成績順位でも1位2位3位と順番がつきます。
オリンピックでも金メダル、銀メダル、銅メダルと順位の中にさらに
【力の順位もついてきます。】

人間関係でも同じく、3人集まれば派閥とよく言いますが、このことは夫婦間でも言えます

情報の伝達でも1~2~3と順番に3番は最後に聞くことになります



姓名判断の三角形の解説図

上記の正三角形では辺の長さが同じため調和がとれていて順位はあっても三合の形です。
正三角形以外の三角形になると三合の形が崩れ派閥や争いが出てくるのです。

例えば
結婚して夫婦2人の時は(数字1と2の関係)喧嘩になってもお互い話し合い解決するか、別れるか、その他、
主導権が強い人の言うことを聞きます。
そこに子供が生まれた場合は子供の事でトラブルが起きたりします。


ここで主導権が強い人が父親だとすると、1番になり
母親は2番になり(その逆もありますね)
子供は3番です。

(三番は一番と二番との関係で生まれた数字で、姓名判断でも
3番を3画とし変化発現の数と言います、1と2が接合されて3になります。

その他も、異性問題の三角関係や会社での社長、部長、課長など色んな所で3が起こす問題があります。


バランスがよく三合するのは正三角形です、
【正三角形だけが、中心からコンパスで円を書くことが出来ます】


1.2.3.のバランスが良いと
三人寄れば文殊の知恵と諺がある様に
三人寄れば文殊の知恵とは、凡人であっても三人集まって考えれば、素晴らしい
知恵が出るものだというたとえです。

この場合は正三角形(同じ距離、1.2.3.が協調していないと)下記の図の様に((赤い円)を示すことが出来ません。

1はオリンピックで例えると金メダルです(姓名判断では発展性を意味します)
2はオリンピックで例えると銀メダルです(姓名判断では死数ともいいます1の数字に潰される場合があるからです)
3はオリンピックで例えると銅メダルです
(3の中には1と2の意味が含まれるために姓名判断でも数字と同じく、変化発現の画数と言います)

3っの辺が同じ長さ、協調性がないと、バランスの崩れた三角形になり、円の接点が1,2,3に触れないために
数字が循環していくことが出来ません。



姓名判断の三角形と画数の解説図

数字に奇数、偶数あるように陰と陽があり、表と裏が存在します上記の図を裏から見ると 1は移動しませんが2と3逆になり3と2となり、図表の矢印の逆回転もあります。


正三角形を円の接点から回転させる事で初めて立体した正三角形になるのです、また円も同じ様に回転し球体となります


時間も数字も永遠に流れていきますが時間を止めることは出来ず姓名判断では、それぞれの漢字の画数が決まっている為に 私たちの姓名は永遠ではないのです。



何故4という数字が出てくるのかという疑問もあるかと思います、このことは下記の ( Henry Ernest Dudeney )デュードニー の 正三角形で証明できます。



デュードニー の 正三角形で証明できます。


数学者 デュードニー(パズル王)

ヘンリー・アーネスト・デュードニー ( Henry Ernest Dudeney ) 
英国生 1857~1930


正三角形を正方形にする問題はとても難しくこのことは当時ほとんどの
数学者が当時、答える事が出来ませんでした。

1905年 英国王立おうりつ協会で

下図のように図表を見せてこの問題の答えを出して

参加者の数学者は全員が驚嘆したと伝えられている。



姓名判断の陰陽の配列の解説図

1辺が2の正三角形として、上図のように作図します。

BCの中点をMとし、 AMの延長線上にMCと同じ長さの点をとり C’とする。

AC’の中点をOとし、 Oを中心、半径OAの円を描き、MCの延長線と交わる点をDとする。

Mを中心、半径MDの円を描き、 辺ACと交わる点をD’とする

MD’で切断します。(このMD’が正方形の1辺の長さである)

ABの中点Nから MD’へ垂線を下ろし、交わる点をHとする。

  

NHで切断します。

D’からCの方向へ1【正三角形の辺の長さの半分】の長さの点をとり Eとする。 Eから MD’へ垂線を下ろし、交わる点を I とする。

E Iで切断します。

こうして、 切断された4個の部品が正方形への部品となります。



MD がなぜ正方形の1辺(ぺん)となるのか?

姓名判断の解説図

それぞれの部品 を 説明にしたがって回転(かいてん)させる

姓名判断の解説図

  

赤を反時計回(はんとけいまわ)りに、 緑を時計回(まわ)りに回転させる

姓名判断の解説図

  

赤を青まで反時計回りに回転、 緑を黄まで時計回りに回転、 さらに、黄と緑を一体として時計回りに回転させる

姓名判断の解説図

   

黄と緑を一体として時計回りにさらに回転させる

姓名判断の三角形と画数の解説図

  

黄と緑を一体として時計回りにさらに回転させる

姓名判断の三角形と画数の解説図

  

緑を赤まで回転させると、 正方形が完成します、この正方形から

姓名判断の三角形と画数の解説図

  

緑を赤まで回転させると、 正方形が完成し4の数字が正三角形の中に潜んでいるのが理解できます。

ボヤイ・ゲルウィーンの定理(ていり)

このように 正三角形 を分解して 正方形 にすることができる。

一般的に同じ面積の多角形(たかくけい) A、B があるとき、 A を有限個(ゆうげんこ)の多角形に分割し、並べ替えて、Bにすることができる。

この定理を ボヤイ・ゲルウィーンの定理という。

3次元(じげん)の多面体(ためんたい)では どうでしょうか?


これは ヒルベルトの第3問題といわれ、長い間、多くの数学者を悩(なや)ませていた。 しかし、 マックス・ディーンによって 不可能と証明された。



姓名判断での画数の配置と力の証明

1画~2画~3画~4画~5画~6画~7画~8画~9画~10画~11画~12画~13画~14画~16画~17画~18画~19画~20画~21画と、その後も 画数は円の流れで配置付けされます。

1に位置する画数は力が強く、4画、7画

2に位置する画数はその次に力が強く、5画、8画

3に位置する画数は変化発現の数画から求められるので多用の力を持ちます、6画9画

それぞれの画数が二ケタになった場合はカバラの様に基本数でも考えます

10画であれば、1+0=1画

 

19画であれば、1+9=10画→1+0=1画

姓名判断の19画の意味は

頭脳明晰で直観力、分析力、洞察力に優れた数です。 天性の美的感覚、身体能力、頭の良さから、各分野で大活躍する多くの才人が排出されている 切れ味鋭い数です。 その比類なき鋭利さには、自らと身辺をも傷つける危険がはらんでいます。 波乱の種が宿り、いつも神経をピリピリさせ、気苦労を生み、人と争い、トラブルを招きます。 この数が作用する病気、災難、試練は 悲惨な現象が多く、家庭の縁に薄く、病弱、短命、破財を暗示しています。

19画が何故、良い部分と悪い分に分かれるかは、4画、7画、10画、13画、16画の意味も持ち備えているからです。

基本数で1画になり、一の位が9画であることも大きな理由です。

正三角形の中に正方形があるために4画を生み出し、画数も円で紐づいていくのです。

姓名判断と次元空間の解説、吉元鑑織の画数の定理

姓名判断での三次元空間の説明(私達の住む立体の世界です)

姓名判断の三次元の解説図

姓名判断の立体三角形の解説図

一次元空間は線の世界


二次元空間は平面の世界


姓名判断でも同じように正三角形から4が現れる為、次元の定理があてはまります。


姓名判断の立体三角形の解説図

四次元は三次元に時間をプラスしたもので、一歩あるけば別の時間帯(5年後とか) 4次元空間が、上下と前後と左右と、もう一つの方向があるような世界です。 (誰も行くことは出来ない世界)

5次元も、6次元も、7次元でも同様に考えることができ、 数学的には、どんなに高い次元でも考えることができます。

(4次元)とは、【4次元空間】と【4次元時空】の2種類の意味を持つ

4次元空間は、上下と前後と左右と、もう一つの方向があるような世界で


4次元時空は、(次元空間+時間)で表される(時空)です

私たちのの世界を時間と空間の両方で、あらわしています。

4次元の世界が(4次元時空)ならば、この世界のことになります。 しかし、(4次元空間)だと意味が違います。


3次元も「3次元空間」と「3次元時空」の2通りの意味があります。


3次元空間は我々の住む世界。


3次元時空は、(2次元空間+時)で表される時空です。


例えば、動物などの絵本が2次元空間で、(3Dの動画にすると立体化され)3次元時空となる考えもあります


姓名判断の同格同数でもこの定理から理解できます(吉元式線優 師範科で理解できます)

  

上記の図の数字と同じように 姓名判断での画数も1画から7画の様に無限大に位置づけされますが漢字の画数には限りがある



姓名判断の同格同数の解説図

当姓名学での年齢別に分かれる鑑定方もデュードニー の 正三角形、ボヤイ・ゲルウィーンの定理から理解できます。



姓名判断の三角形の解説図

  

姓名判断の総画も同じ様に正三角形の中に総画(合計画数が)あることはデュードニー の 正三角形、 ボヤイ・ゲルウィーンの定理から理解できます。この中には天格、人格、地画、外格、総画が存在しています。4が総画になるのです。


天地同格等の同格同数も同じ数字が引き合うため画数の力がストップされるために悪い作用が起こる現象

姓名判断、画数の多い漢字の解説図

(たいと 84画)一番画数が多い漢字、上記となります。(中国の古字を省く使用されてないため) この様に数字と姓名判断の画数の関係が存在し姓名判断では

 

姓名判断、吉元鑑織の画数の定理としています。

吉元鑑織の内面を支配する画数の定理


姓名判断、吉元鑑織の画数の定理は吉元式線優の師範科で理解できます。

より深い解説は吉元式線優の師範科で理解できるようになります。

(一部画像引用 フナハシ学習塾)

画数の持つ意味「良い部分」と「悪い部分」を調べる

姓名判断は五格の運格画数だけで、判断すると大きな間違いになります。


画数の意味のとらえ方
56画から81画までの間違いは

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。