姓名判断、研究された現代の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。

同格同数の本家・鑑定歴37年

姓名に隠れた横同格とは

横同格は赤ちゃんの命名に使用してはいけません

名前に存在する横同格の影響とは

無料姓名判断をみると陰陽の配列が悪いと出ました子供は大丈夫ですか

下記の図では初年期 人格の7画と外格の7画が同じ数の横同格となります。



内面法での社会運は天佑神助の運画ともいい援助の運、天運で総画は自分での頑張り自力運です。 名前の画数配列から天格・人格・地格・総画が算出され、この部分から家庭運や社会運(援助運)・内運A・内運Bの画数が解ります。 また、その部分からさらに初年期・中年期・晩年期が算出されます。



それでは、例題の人格と横同格を確認してみましょう、一見良く見える形ですが

吉数とされている21画はプライドが高く、負けず嫌いで、口が悪いようです、周囲への影響力が 大きく冷淡な所もあります。(21画の悪い部分) さらに横同格が加わり(横同格の説明) 自己を押しとどめ、欲望を抑えることが不得意ですので、すべて外へ外へと表れます。 短気で独走してしまいがち、それにより思わぬ失敗も出てきます。 横同格というのは“成功と失敗が隣り合わせの運勢”なのです。 約束が実行されない、浮気をされるなどの裏切り行為や、横領、詐欺、ー死へとつながります。 命名や改名には使用していけない同格が、横同格です。 また横同格の現象は本人に現れない場合、最愛の人に身代わり現象として現れます。 命名や改名は全てバランスよく、良い漢字を使用して貴方に合う改名が必要です



横同格で社会面で活躍されている人も多いのですが、家庭面では問題を抱えているのが実情です。 内面での社会運は天からの恵みを判断します貴方の名前に援助運はありますか?


横同格の解説図

姓名判断と方位・家相の関係とは(重要)方位学の歴史は古く、吉方位の移転、旅行では今までの確認で運勢向上の作用が大きく良い方向に出てきます

それぞれの方角で結果現象も違います

姓名判断は明治初期から現代まで大きく変化し、研究をして命名、改名の良い結果を出すことが出来 画数配列により何故良い結果になるのかも理解できます

良い名前と吉方位の活用がとても大切です。
(九星気学がもとになっている家相も重要です)

        

(吉方位の活用はより運勢を安定させます)

当姓名学では表面の画数の吉凶だけでなく初年期・中年期・晩年期、年代順に細分化して判断 します。 強く作用する同格を見極め、五行を見つめ直し言霊・名前の持つ相性等を考慮し判断していきます他ではできない姓名判断です。

当姓名学は多くの方からの命名、改名依頼をうけ結果を素早く出せる命名法を使用しています。


源氏名・芸名では芸能関係等での飛躍や安定、より優れた才能の引き出しを考え結果を出せる姓名判断として現在に至っております。




改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。

スクール