姓名判断、研究された平成の姓名学

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。

姓名判断の陰陽で解る運勢判断

陰陽の配列の調べ方

陰陽配列とその作用

姓名の陰陽

世の中での陰と陽という二つの相対する存在


この世の中は、陰と陽という二つの相対する存在が、バランスを保つことで成り立っています。日かげ(陰)と日なた(陽)、天と地、男と女、黒と白、寒と暖・・・。陰と陽があるからこそ、世の中のすべての生物が生まれ育ち、繁栄していけるのです。  この考え方を姓名判断にもあてはめることができます。姓名判断では、偶数の画数は「陰」、奇数の画数は「陽」を意味します。姓名に隠された陰と陽のバランスを調べることによって、その人の性格のみならず、人生における成功・不成功、健康・不健康といった運勢までも読み取ろうというのが、陰陽学という判断法です。



姓名判断における陰と陽には、それぞれ次のような意味があります。



陰──偶数(2、4、6、8、10、12・・・・・・)  おとなしい、優しい、温和。受動的なものの象徴。



陽──奇数(1、3、5、7、9、11・・・・・・)    明るい、朗らか、活発。能動的なものの象徴。



そもそも姓名の陰陽の配列は、人の運命にどのような影響を及ぼすのでしょうか。 配列のバランスには、人の心と体のバランスを調整する潤滑油のような役割があると考えます。感情や思考、行動がスムーズに連動して機能しているか、潤滑油のちょっとした差し加減の違いが、長い目で見れば顕著な差となって表れてくるかもしれません。 このような作用が続けば、まず健康に少なからぬ影響を与えるでしょう。健康を害すれば、社会での成功も難しくなるでしょうし、自分の人生のみならず、家族や周囲との関係にも陰を落すことになりかねません。逆に、体さえ丈夫で元気なら、多少の障害や困難にも立ち向かっていけますし、いつか社会的に認められて成功を収めることもできるでしょう。健康こそが、人生の運命を左右する重要な要素なのです。 そういう意味でもわたしは、健康運を占う重要な判断法として陰陽の配列を位置づけています。



陰陽の配列の調べ方

姓名のそれぞれの文字の画数を、偶数と奇数の違いから陰と陽に区分します。偶数(陰)を●、奇数(陽)を○の符号で表し、陰陽の配列を作ります。



姓名判断の陰陽の配列の解説図

ただし、姓あるいは名が一文字の人の場合は、配列の出し方に注意が必要です。次を参照してください。

【姓が一文字の場合】

数え年21歳まで



陰陽の配列の解説図1

数え年21歳以降 陰陽の配列の解説図2

【名が一文字の場合】

数え年21歳まで

陰陽の配列の解説図01

 

数え年21歳以降

陰陽の配列の解説図02

陰陽の配列とその作用

陰陽の配列によって、次の3つに分類することができます。



Aクラス



陰陽の配列Aクラス、大吉

姓名の陰陽の配列の中では、最も望ましい配列です。このような配列の姓名を持つ人は、健康にも恵まれ、病気をしても早い回復をみせる傾向にあります。また、社会生活においても順応性にすぐれ、自分の夢や目標に向かって努力を惜しみません。成功や達成感を味わえる幸せな人生を意味します。  このAに属する配列を見てわかるように、陽から陰へ、陰から陽へと交互に配列され、バランスよく並んでいます。姓と名が接続する部分に注目すると、陰(陽)から陽(陰)への変換が無理なく行われており、これは心身ともに健康な状態であることを表しています。  ただし、いかに陰陽の配列が良くても、それだけでは正しい判断はできません。五格四運や、後の章で詳しく説明する内面法の鑑定と照らし合わせて、総合的に判断する必要があります。



Bクラス



それほど良くもなく、悪くもないという配列です。このような配列の姓名を持もつ人の場合、運勢がプラスに向かうかマイナスに向かうかは、姓名の五格四運や後の章で述べる内面法の内容など、姓名の調和によって大きく変わってきます。つまり、姓名の総格や人格、地格、外格、内面法のAクラスなどが万全であればそれほど影響は受けませんが、それらにマイナスの要素が存在すれば、非常に悪い運勢となってしまうこともあります。 このBに属する配列を見てわかるように、陰と陽の配列が著しく極端です。全陰や全陽、あるいは陰が一つだけ、陽が一つだけといったように、陰陽のバランスが崩れています。それは、その部分にだけ悪いものが集中して、体全体のバランスを支える力に欠けることを意味します。 中でも、特徴的な配列をいくつか紹介しましょう。



・中折れ陰陽──「●● ○●●」や「○○ ●○○」 陰や陽が一つだけで、しかも真ん中に位置する配列は、「中折れ」といって途中挫折しがちな運勢を暗示しています。幸運と不運が入り混じり、家庭運は良いが健康に恵まれないなど、仕事、家庭、健康のいずれかに悩みが生じるでしょう。



・単一陰陽──「●● ●●」や「○○ ○○○」 全陰や全陽の配列は、相反するものを受け入れるだけの余裕がなく、弾力性に欠けることを物語っています。また、弱くてよいときに強くなったり、強くなければならないときに弱くなったりと、力加減がうまくいかず、心の平静が保たれにくいことも意味します。全陽は強すぎて凶に転じ、全陰は弱すぎて運命に打ち勝つことができません。



・片挟み陰陽──「○○ ○●」や「●● ●○」 陰陽の並びのバランスが悪いうえに、姓と名の接続部も陰(陽)から陰(陽)へと連なり、反発し合っています。このような配列は、病気にかかりやすく、活力に乏しいことを意味しています。その一方で、「還元陰陽」とも呼ばれ、幸運に向けて再出発できるという面も暗示しています。



このBクラスに属する著名人はたくさんいます。ただし、姓名の画数が良く、成功する運命を持っている人が多いようです。



Cクラス

陰陽の配列Aクラス、大凶

陰陽の配列の中では、最も運勢が滞りやすい配列です。この配列の人は、思いがけない不幸や苦悩を背負い込んで波乱万丈の人生を送ったり、身体の活力が奪われて病気にかかりやすくなることが多いようです。特に、胃腸など内臓系のガンや、気管支、肋膜、肺結核などの胸部に変調が表れやすいので注意が必要です。極端な場合には、重病を患ったり、若くして命を落したり、長引く闘病などを余儀なくされる人もいます。 「○●●○」のように、陰と陽のどちらか一方がもう一方に挟まれている配列を「挟み陰陽」と呼びます。この配列は、人間の身体に例えると、胸から腰にかけての部分が上と下から圧迫されている状態に似ています。つまり、この配列のもたらす作用が、心や身体に緊張状態をもたらし、ひいては健康を脅かす危険があるということです。



接続部と陰陽占い

陰陽の配列をタイプ別に見てきましたが、より総合的で正確な判断を行うには、姓名の「接続部」(姓と名が結びつく部分)にも注目する必要があります。  接続部とは、姓の最後の文字と、名の最初の文字との継ぎ目のことです。つまり、「人格」の部分に相当し、姓と名の調和を担う重要な部分の一つです。



 

接続部には必ず、姓の最後の陰陽とは反対の性質のものを、名の最初の文字にもってくるのが良いとされています。つまり、姓が陽で終れば、名は陰で始まる。姓が陰で終れば、名は陽で始まるというのが、接続部における陰陽の原則です。接続部がこのような組み合わせであれば、その人は元気で健康に恵まれ、バランスのとれた性格を持ち、自己の可能性を創造していく力があると解釈します。



接続部の陰陽に同じ符号が重なる場合は、それぞれの画数の一の位の数字にも注意してください。接続部が3と3、5と5、あるいは2と12、7と17のように、一の位が同じ数字で並んでいるものを「同数連鎖」と呼んでいます。接続部が同数連鎖になると、陰陽の配列において同じ符号が重なるうえに、「内容」が「0数・奇(遇)数」となります。健康へのマイナス影響が強く働くだけでなく、粘りや執着心が強く表れて停滞や渋滞を招きます。うまくいかないことがあると軌道修正しにくく、またそれらから抜けられない傾向が強くなるため、同数連鎖はのぞましくありません。



陰陽の配列Aクラス

この姓名の場合、陰陽の配列はAクラスに属します。さらに接続部に注目すると、陽(奇数)と陰(偶数)の組み合わせであることがわかります。したがって、健康、運勢ともに恵まれた配列と言えるでしょう。



  陰陽の配列Aクラス

この姓名の場合、陰陽の配列だけをみると、Aクラスに属するので良い配列だといえますが、接続部において同数連鎖がみられます。先にも述べたように、同数連鎖の配列の内容は「0数・奇(遇)数」の組み合わせとなり、一度病気にかかると慢性化して全快しにくい傾向があります。また、性格的には几帳面で、細部にまで気を配れるという長所がありますが、引っ込み思案で決断力に乏しく柔軟性に欠けるため、いつか大失敗を引き起こしてしまう恐れもあるでしょう。

このように、陰陽の配列を見るだけでは必ずしも十分とは言えません。接続部の画数の関連性とあわせて、総合的に判断する必要があります。



他にもいくつか例をあげて説明していきましょう。



陰陽の配列Cクラス、大凶



陰陽の配列はCクラスです。真ん中の陰が上下の陽に挟まれている配列は、体の真ん中の部分、つまり内臓や気管支系が弱く、健康には恵まれないということを暗示しています。 加えて、接続部は陰陰の組み合わせで、しかも同数連鎖が起きています。運勢の停滞や悪循環といった傾向がさらに強く表れるでしょう。



陰陽の配列Cクラス、大凶

接続部は陰陽の組み合わせなので、健康には恵まれています。しかし、陰陽の配列はCクラスに属し、しかも陽の中に陰が一つだけ真ん中に位置する「中折れ」の配列です。これは、人生で必ず一度は大きな挫折を経験することを暗示しています。このような配列をもつ人は、慎重に行動し、健康にも留意するよう心がける必要があります。



陰陽の配列Aクラス、大吉

陰陽の配列はAクラスに属し、接続部も陽と陰の組み合わせなので問題ありません。バランスのとれた性格で、健康にも恵まれ、可能性を伸ばしていける順調な人生を歩んでいけるでしょう。



画数の持つ意味「良い部分」と「悪い部分」を調べる

姓名判断は五格の運格画数だけで、判断すると大きな間違いになります。


画数の意味のとらえ方
56画から81画までの間違いは

改名前提の場合は無料姓名判断を実施中!

050-5809-8409

完全予約制です。電話番号を通知してくださいね。